新型コロナウイルス感染拡大防止に伴うお願い

新型コロナウイルスに関連する緊急事態宣言発令を受けて、株式会社はなとして下記の対応と対策を行なっております。

①感染対策本部を設置し、随時新型コロナウイルスの状況確認と社内周知の徹底、全従業員のモニタリング。

②全従業員、出社前、退社時の体温測定の義務化(体温測定後の体温確認はセルフチェックにはせず、第三者のチェックのもと記録)。

③全従業員、自覚症状の確認(咽頭痛・咳・痰・呼吸苦・倦怠感等の確認と記録)。

④体温37.5度以上の場合は出勤停止、インフルエンザではない場合は解熱後24時間経過してからの出社(インフルエンザの場合は解熱後48時間経過してからの出社)。

⑤自家用車、社有車での通勤、直行・直帰の励行。

⑥業務に支障を来さない必要最低限のスタッフ体制。

⑦事務所に人が集まらないようにする為のシフト管理。事務所内消毒の徹底。常時換気状態に。

⑧発熱した従業員、一人一人と電子媒体にて発熱前後の行動把握と解熱までの経過のモニタリング。

⑨適切な標準予防策(感染リスクの高い現場での適切な標準予防策の選択、マスク・手袋・ディスポーザブルエプロン・フェイスシールド等)

⑩全従業員の手指消毒の携帯と1現場1消毒の徹底

⑪万が一、従業員に感染者が発生した場合、同社他事業所からの支援体制等、ご利用者様の生活に支障を来さない為の体制作り

⑫全事業部および関連会社の全従業員の業務時間外の行動規制

自宅および勤務地以外の都道府県への移動を原則禁止
公共の喫煙スペースへの出入りを禁止
接待を伴う飲食店、ジム、カラオケBOX等、密集・密閉・密接等の要素を含む場所等への出入りを原則禁止※
従業員に対して、感染に関する情報の即時報告を徹底。
各自治体相談窓口の随時活用。
※緊急事態宣言発令に伴い基本的に休止を要請する施設

大学や専修学校など教育施設、自動車教習所、学習塾、体育館、水泳場、ボウリング場、ゴルフ練習場、バッティング練習場、スポーツクラブ、劇場、映画館、ライブハウス、集会場、展示場、博物館、美術館、図書館、百貨店、マーケット、ショッピングモール、ホームセンター、理髪店、質屋、キャバレー、ナイトクラブ、バー、個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックス、パチンコ店、場外車券売り場、ゲームセンター

利用者様、そのご家族様が新型コロナウイルスを心配せず、訪問看護サービスが受けられるよう、上記を徹底致します。より一層、安全で安心なサービス提供ができるようスタッフ一丸となり取り組んで参ります。行政からの指示、対応の変更に応じて、今後も株式会社はなでの取り組みを発信させて頂きます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【ご利用者様、お客様、ご家族様により一層、安全で安心なサービス提供ができますよう、全従業員が一丸となり、対策に取り組んで参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。行政からの指示、対応の変更に応じて、今後も株式会社はなでの取り組みを発信させて頂きます。】

代表取締役社長 佐藤 達樹